演劇鑑賞会例会『吾輩はウツである』


中国ブロック例会について(2020.4.21)

コロナウイルスの感染拡大への影響を鑑み、また全国に発令された政府の緊急事態宣言を受け、5月~6月に予定されておりました演劇鑑賞会中国ブロックの例会『吾輩はウツである』の例会巡演は、協議の結果延期することになりました。

関越ブロック・相模原・厚木の例会について(2020.4.25)

 コロナウイルスの感染拡大への影響を鑑み、また全国に発令された政府の緊急事態宣言を受け、6月~7月に予定されておりました演劇鑑賞会関越ブロック・相模原・厚木の『吾輩はウツである』の例会巡演は、協議の結果残念ながら延期することになりました。

神奈川ブロックの例会について(2020.5.20)

 コロナウイルスの感染拡大への影響を鑑み、また全国に発令された政府の緊急事態宣言を受け、8月に予定されておりました演劇鑑賞会神奈川ブロックの『吾輩はウツである』の例会巡演は、協議の結果残念ながら延期することになりました。


 

作家・夏目漱石誕生のドラマ

 

明治36年ひと夏の物語

  

「おい。いいかげん名前くらいつけたらどうだ?」

「うるさい!お前なんか猫で十分だ!」

「まったく。お前さん、ナニサマのつもりだ」

 

明治36年(1903)4月、

小泉八雲が辞任したことで学生たちの不満うずまく帝大に、

夏目金之助(のちの漱石)が講師として赴任する。

不遜な空気の中、学生たちの冷たい視線晒される金之助は、

毎日、不満と苛立ちを抱えながら教壇に立っていた。

さらに失恋で人生をはかなむ学生・藤村操が目の前に現れ、

金之助の気持ちはますます不安定になっていく。

そんなとき、一匹の小さな黒猫が夏目家に迷い込む。

心が病み始めた金之助は、その黒猫と会話をし始めるが……。

 

妻と猫と金之助。 

おかしな三角関係を軸に、不世出の文豪誕生を描くドラマ。

 

 



STAFF


原  作   長尾 剛(「ねこ先生」PHP文芸文庫刊)

脚  本   瀬戸口 郁

演  出   西川信廣

美  術   小池れい

音  楽   上田 亨

照  明   塚本 悟

音  響   中嶋直勝

衣  裳   東京衣裳(中村洋一・大井崇嗣)

アクション  渥美 博

舞台監督   今村智宏

CAST


夏目金之助・・・・・・・・・  芦田昌太郎(COME TRUE)

夏目鏡子(その妻)   ・・・・・・・平塚美穂

吾輩(夏目家に棲みついた黒猫)  ・・・今本洋子

ふさ(金之助の異母姉)   ・・・・・・まきのかずこ

てる(夏目家の女中)  ・・・・・・・西海真理

寺田寅彦(帝大理科大学講師)    ・・・野田 裕

菅 良吉(一高ドイツ語教授)   ・・・・進藤 忠

井上哲次郎(帝大文科大学長)   ・・・小島敏彦

藤村操(帝大生)   ・・・・・・・・本田玲央

安部能成(帝大生)   ・・・・・・・渡辺 聖

岩波茂雄(帝大生)  ・・・・・・・ 小泉真義

小山内 薫(帝大生)  ・・・・・・・寺内淳志(J.CLIP)

魚住淳吉(帝大生)   ・・・・・・・村上和彌

猫クロ  ・・・・・・・・・・・小宮山 徹

猫シロ  ・・・・・・・・・・・水野千夏

猫マツ  ・・・・・・・・・・・木野しのぶ

猫ムサシ  ・・・・・・・・・・石川惠彩

子猫  ・・・・・・・・・・・・敦澤穂奈美

                長町美幸


CAST


夏目金之助役 

芦田昌太郎(COME TRUE)

井上哲次郎役 

小島敏彦

てる役

西海真理

ふさ役

まきのかずこ

菅 良吉役

進藤 忠


 

ムサシ役

石川惠彩

マツ役

木野しのぶ

シロ役

水野千夏

吾輩役

今本洋子

クロ役

小宮山 徹


夏目鏡子役

平塚美穂

藤村 操役

本田玲央

岩波茂雄役

小泉真義

安部能成役

渡辺 聖

寺田寅彦役

野田 裕


子猫役

敦澤穂奈美

子猫役

長町美幸

魚住淳吉役

村上和彌

小山内 薫役

寺内淳志(J.CLIP)


公演スケジュール


 今年予定されていた公演は全て延期になりました。
延期時期が決定いたしましたらお知らせ致します。

                                                            

紹介映像


 初演舞台より 2014年俳優座劇場